全国の浄土宗寺院を繋ぐ、
浄土宗ネットワーク

お知らせ

総務部 2018.10.24

平成30年台風第21号および平成30年北海道胆振東部地震における災害ボランティア保険の加入代行のお知らせ

浄土宗では、標記の災害に対し、浄土宗教師が災害ボランティア活動を行う場合、ボランティア保険の加入手続代行と保険料負担を行っております。概要は次のようになりますので、ご希望の方は浄土宗災害対策事務局まで申請をお願いいたします。
1.申請について
対象:平成30年台風第21号及び平成30年北海道胆振東部地震被災地へのボランティアに赴く浄土宗教師
受付期間:平成30年10月15日(月)~12月14日(金)(保険補償期間は下段3.保険プランの概要をご覧ください)
申請内容:浄土宗によるボランティア保険の加入手続代行と、保険料金の負担
申請方法:『浄土宗宗報』平成30年11月号21ページの申請書を印刷し、ご記入ご捺印のうえ当局へお送りください。
〔浄土宗宗報デジタルアーカイブ・電子ブック〕
データライブラリ (リンク)
2.ボランティア保険の概要
東京都社会福祉協議会が保険契約者で、個々の加入申込者が補償を受ける制度です。保険代理店は東京都社会福祉協議会指定の(有)東京福祉企画で、引受保険会社の幹事会社は三井住友海上火災保険株式会社となります。
3.保険プランの概要
基本コースAプラン(地震・噴火・津波によるケガは補償外のコース)
・本人への傷害補償は、死亡・後遺障害保険金額1,050万円、入院保険金日額7,000円、通院保険日額3,000円などです。また熱中症も補償対象となります。他人への賠償責任補償は、1事故につき(支払限度額)5億円となります。
・保険補償期間は、加入手続完了日の翌日0時~平成31年3月31日24時まで。
・期間内であれば該当する他のボランティア活動でも補償されます。
4.ご注意
・浄土宗が申請書を受理後、保険加入手続完了まで休庁日を除いて3日~4日を要します。補償開始はその翌日0時からとなりますので、被災地へ赴く際は余裕をもって申請をお願いします。
・状況・条件によっては保険金が支払われない場合もありますので、必ず申請の前に当ボランティア保険の内容をご確認ください。
代理店である東京福祉企画のホームページから、ボランティア保険・行事保険 → ボランティア保険 と進むと、以下の ボランティア保険のご案内(パンフレット)(PDF) がありますのでご覧ください。ご希望の方には印刷したものを送付いたします。
【ボランティア保険のご案内(パンフレット)(PDF)】
http://www.tokyo-fk.com/volunteer/document/V1-volunteer2018.pdf