宗祖法然上人浄土宗開宗の想いを受け継ぎ
この苦難の時代だからこそ
人々から必要とされる浄土宗に

  • 浄土宗僧侶・信徒の拡大を目指すために「総大本山と綿密に連携した開宗850年事業」を行います。
  • 徒弟に嗣がせたい寺院を増やすために「小規模寺院支援制度」を整えます。
  • 廃寺を防ぐために「兼務住職制度の改定」を行います。
  • 信頼される浄土宗であるために「コンプライアンスと働き方改革を遵守した宗務庁の構造改革」を進めます。
  • 「浄土宗所属寺院・浄土宗僧侶で良かった。と言っていただける宗務行政」を実行していきす。
  • 挨拶
  • 経歴

このたび宗務総長に就任いたしました川中光敎でございます。

日本は今、急速な人口減少に向かっております。30年後には日本の総人口が現在より2600万人減少すると予想されています。これは現在の近畿地方全人口をはるかに上回り、それだけの人と経済が30年で消失するということを意味します。そして年々進行する首都圏への一極集中。全国7千を数える浄土宗寺院のほとんどが「檀信徒減少・後継者不足」の問題に直面することは想像に難くありません。将来が予想できる以上、今動かなければならないのです。

約850年前、法然上人が比叡山を下りられてから数十年で念仏の教えは全国に広がりました。弟子である我々は力を合わせ、知恵を集めてこの現代の難局を乗り切らねばなりません。宗祖法然上人開宗の想いを受け継ぎ、この苦難の時代だからこそ人々から必要とされる浄土宗にならねばいけないのです。浄土宗寺院・僧侶・寺族・檀信徒の将来のために、何卒皆様方のお力を頂戴いたしたく存じます。

浄土宗宗務総長 川中光敎

氏名 川 中 光 敎 (かわなか こうきょう)
生年月日 昭和25年5月2日
学歴
昭和48年 3月
大正大学仏教学部佛教学科卒業
昭和53年 3月
大正大学大学院浄土学修士課程修了
職歴
昭和49年 4月~昭和50年 3月
淑徳学園高等学校講師
昭和53年 4月~昭和55年 3月
上宮高等学校講師
住職歴
昭和63年 5月~
奈良教区 第八組 №212 奥院 住職
宗内関係
平成11年10月~
浄土宗宗議会議員
平成18年12月~平成19年12月
宗教法人「浄土宗」責任役員・財務局長
平成19年12月~平成20年 6月
宗教法人「浄土宗」責任役員・財務局長
平成20年 6月~平成21年 1月
浄土宗総長公室長
平成27年12月~平成29年 3月
宗教法人「浄土宗」責任役員・財務局長
平成29年 4月~平成31 年3月
宗教法人「浄土宗」責任役員・教学局長
平成31年 4月~令和元年 11月
宗教法人「浄土宗」責任役員・宗務役員
令和元年 11月〜
浄土宗宗務総長
その他役職歴
平成13年 5月~
保護司
その他経歴
昭和61年 4月~
社会福祉法人当麻園理事
平成17年 7月~
上宮学園評議員
平成28年 2月~
公益財団法人浄土宗ともいき財団 評議員