浄土宗 新着情報

公式サイトトップへ戻る

一覧へ戻る

九州北部地方の豪雨による浄土宗寺院・檀信徒の被害について(第1報)

九州北部地方を中心とする豪雨に際して、7月7日現在で把握している被害情報をお知らせいたします。

〇大本山善導寺

 ・被害無し

〇福岡教区

 ・寺院被害無し(7月7日12:00現在)

 ・檀信徒に、床上・床下浸水の被害有り。

〇熊本教区

 ・寺院被害無し(7月7日15:00現在)

〇大分教区

 ・第五組(№49)大超寺

  本堂の屋根瓦がずれ、雨漏り等の被害有り。

  檀信徒に床上・床下浸水が多数あり。

 ・第五組(№51)龍川寺

  檀信徒に被害有り。7月5日夜は龍川寺に避難。

以上

カテゴリー: 宗務庁からお知らせ お知らせ