ロシアによるウクライナ侵攻に関する声明

このたびロシアが世界の国々の信頼を裏切り、ウクライナ侵攻がなされたことは誠に残念であり、憂慮に堪えません。いかなる状況であれ、武力の行使には反対します。
私たち浄土宗は、法然上人が説かれた「愚者の自覚」の立場から、煩悩にとらわれた人間の哀しみをみつめ、すべての「いのち」の大切さに想いを馳せ、世界の人々が共に手を取り合って平和を実現してゆくことを強く望みます。
現在の混沌とした世界情勢の中で、恐怖、不安、悲しみ、怒りという「苦」の真っ只中におられるあらゆる人々に一刻も早い安寧が訪れ、ウクライナの美しい国土に穏やかな日々が戻ることを心から念願しています。
合 掌

令和4年3月2日

浄土宗宗務総長
川 中 光 敎

※別途、浄土宗宗議会からも声明が出ております。

世界平和を希求する浄土宗宗議会声明 | 浄土宗ネットワーク (jodoshu.net)